暗号資産

【わかりやすく解説】ビットコインとは?初心者でもわかる!

「わかりやすく解説」シリーズ第一弾、
今回は暗号資産、ひいては仮想通貨の中でも最も有名、

ビットコインBTCについて、初心者でもわかるようにお届けします。

ビットコインとは何か?

仮想通貨の祖!世界初のデジタル通貨

ビットコインとは、仮想通貨の一つであると同時に、
仮想通貨の祖です。

そして世界初のブロックチェーンを利用したデジタル通貨です。

現在、世界中に存在する仮想通貨の中では、
ビットコインが最も有名で取引量も多く、
ビットコイン以外に仮想通貨は存在しないと思っている人もいるくらいです。

仮想通貨については以下の記事もぜひ参考にしてみてください。

暗号資産(仮想通貨)とは?初心者でもわかるCrypto

こんにちは。らるです。 令和時代に入り、”仮想通貨” という言葉が世の中に浸透してきたように思います。それがいい意味でな ...

続きを見る

ビットコインとアルトコイン

すでに紹介している通り、ビットコイン以外にもたくさんの仮想通貨があります。

ビットコイン以外の仮想通貨にも、ビットコインのように名前がついています。
しかし大枠では「ビットコインとそれ以外」という風に分類されています。
そこで、ビットコイン以外の総称としてついた名前が

「アルトコイン(Alternative Coin:代替のコイン)」です。

ビットコイン以外は、あくまでもビットコインの代替という扱いです。
それくらいビットコインの祖としての立ち位置は確かなものなのです。

ビットコインの特徴

さて、ビットコインには仮想通貨の特徴ももちろん含まれます。
仮想通貨の特徴についてはこちら。

暗号資産(仮想通貨)とは?初心者でもわかるCrypto

こんにちは。らるです。 令和時代に入り、”仮想通貨” という言葉が世の中に浸透してきたように思います。それがいい意味でな ...

続きを見る

改めてビットコインの特徴についてまとめると次の通りです。

ビットコインの特徴

  • 特定の管理者が存在しない
  • 発行枚数に上限がある
  • いつでもリアルタイムに送金が可能
  • P2P(個人間)での直接送金が可能
  • 送金手数料が安い

特定の管理者が存在しない

仮想通貨の特徴にもあるように、
国家や政府のような特定の管理者が存在せず、
取引情報などのデータも一か所で管理されていません。

中央集権型の管理方法である「クライアント・サーバー(クラサバ型)」と呼ばれる方式では、
管理者の存在するサーバーが全てを管理し、データベースにデータを記録しています。

一方ビットコインは、非中央集権型であるブロックチェーンを用いた管理方法をとっています。
P2P(Peer to Peer)
での管理となります。
簡単に言うとコンピュータ(ノード)同士が直接通信することで、
すべてのコンピュータ(ノード)が同一のデータを保持しています。

クラサバ型を一か所集中管理とするならば、
ビットコインのブロックチェーンによるP2P方式は分散ネットワーク管理といえます。

分散ネットワークの特徴は次の通りです。

分散ネットワーク管理の特徴

  • データの改ざんが実質不可能
  • ネットワークがダウンしない
  • 管理コストが安い

データ改ざんについては、分散ネットワーク上のすべてのコンピュータが
実質監視している状態なので、まず不可能です。

すべてのコンピュータが同一のデータを持っているということは、
どこかが変わればすぐわかってしまいます。

また、ネットワークを停止させようにも、
分散ネットワーク上のすべてのコンピュータを同時に停止させなければなりません。
まず無理です。

まさに送金処理にはうってつけのような仕組みなわけですね!

発行枚数に上限がある

ビットコインはデジタルゴールドと呼ばれることもあります。
金は地球上で有限ですが、
実はビットコインも同様に発行枚数に上限があります。

一方で法定通貨である日本円や米ドルは、
政府による政策によって発行枚数が変わります。

アルトコインなど他の仮想通貨の場合は、
通貨ごとに上限があるものや、ないものが存在します。
通貨によっては、調整が入るものもあります。

いつでもリアルタイムに送金が可能

24時間365日いつでも送金が可能です!

ビットコインには、休日という概念が存在しません。
銀行のような管理する主体が存在しないため、
取引にも休日が存在しません。

そのため、銀行が休日で営業していなくても、
取引が可能となっています。

急ぎの送金で困ることもありません。
ATMに出向く必要もありません。

P2P(個人間)での直接送金が可能

ネットワークを通じて直接相手と取引するため、
相手がどこにいても送金可能です。

また、銀行のような仲介業者を挟まないため、
取引にかかる時間が圧倒的に早いです。
数日かかる海外送金を、ほんの数十分のうちに完了できるのは、
ビットコインの強みと言えるでしょう。

送金手数料が安い

すでに説明したように、
ビットコインはブロックチェーンを用いることで、
複数のコンピュータ(ノード)による、データ管理が行われています。

従来のクラサバ型の一元管理では、サーバー管理やその保守・管理費用など、
サーバーだけでも莫大な費用が掛かります。

ビットコインの分散ネットワークによる管理であれば
そのような費用が掛からなくなります。

結果その費用をユーザが負担する必要もないため、
金融機関と比べて格安での送金が実現できるわけです。
しかも高速!

ビットコインのしくみ

ビットコインは"マイニング"して発行する

これまでに紹介してきた通り、
ビットコインには発行や管理の主体が存在しません。
ビットコインでは、マイナーと呼ばれる人たちが
マイニングを行うことで、
ビットコインの管理・発行を行っています。

マイニングとは何か

マイニングとは、ビットコインを構成するブロックチェーンで、
ブロックを形成する作業のことです。

このブロックチェーンのブロックには、
トランザクションと呼ばれる取引データが記録されます。

マイニングは、マイナーがネットワーク上のコンピュータ(ノード)に
膨大な計算させることで、
ブロックチェーン上に新たなブロックを生成します。

その際、ブロックを生成したマイナーには報酬として、
ビットコインが与えられます。
これがビットコインの発行です。

このブロック生成競争に勝つためには、
膨大な計算を行うための処理速度を向上させる必要があります。

そこでマイニング専用マシンや、ハイスペックなグラフィックボードが
近年市場から姿を消しているわけですね。

マイニングとビットコインの関係

ビットコインはマイニングがないと維持できません。

ビットコインにマイニングは不可欠

  1. ビットコインはブロックチェーンが基盤
  2. ブロックチェーン維持にはマイニングでブロック生成する必要あり
  3. マイニングする人がいないとブロックが生成されない
  4. ブロックがないとビットコインのネットワークが維持できなくなる

マイニングの仕組は不正に対抗する力でもある

ブロックチェーンは改ざんやネットワークダウンに強みを持ちますが、
マイナーによるマイニングによって、支えられていることがわかりました。
それではそのマイナーが不正を働くことはないのでしょうか?

まとめると以下のような考え方です。

step
1
マイナーがマイニングをする


step
2
マイニング報酬のビットコインを獲得する


step
3
得られたビットコインの価値を下げるような不正は行わない

ビットコインのブロックチェーンを維持する作業に
インセンティブが与えられていることによって、
マイナー自身が損をするような行為を自らやるわけがないという仕組みです。

非常によく考えられた仕組みですね。
誰も損しません。

ビットコインは金融概念を変える仮想通貨の祖

いかがでしたでしょうか。

仮想通貨の説明と同じような説明の部分が多いのは、
ビットコインがそもそも初の仮想通貨だからですね。

ビットコインに用いられている技術と仕組みは、
まさにこれまでの金融の弱点を補えるようなものとなっています。

ただしビットコインにも弱点はもちろんあります。
それを補うべく作られたアルトコインも数多く存在します。

またアルトコインについては別の機会に解説したいと思います。

  • この記事を書いた人

らる

IT企業ではたらくサラリーマン投資家。仕事や就職、投資、そして育児などをテーマに発信しています。はたらく妻もときどき投稿します! 【経歴】大学卒業後、IT企業でシステムエンジニアに ▶ 社会人5年目に人事部へ移動し、以降は人事畑で社内人事や採用などに携わる。

-暗号資産
-, ,