暗号資産

暗号資産(仮想通貨)とは?初心者でもわかるCrypto

こんにちは。らるです。

令和時代に入り、”仮想通貨” という言葉が世の中に浸透してきたように思います。
それがいい意味でなのかそうでないのか、人によってさまざまかと思いますが、
私個人としてはとてもいいことだと思っています。

さて、そんな仮想通貨ですが、いったい何なのか皆さんご存じですか?

今回は「仮想通貨とはいったい何よ?」

という画面の前のあなたのために、簡単にお話していきたいと思います。

仮想通貨って何?

はじめに簡単にお伝えしてしまうと仮想通貨とは、

暗号化されたデジタルな資産であり、
国や偉い人達に縛られることのない、
財産的価値があるもの!

もっというなら、可能性の塊です。

仮想通貨と聞くと、大体の人がまず最初に頭に浮かぶのが

ビットコインですよね?

やれ暴落だ、億りびとだ、投機だ、ギャンブルだ…

日本だとそんなニュースや評判ばかりです。
ええ、それも仮想通貨ですし、ビットコインです。

間違っているとは言いませんが、本質ではありません。

仮想通貨について、大きく二つに分けて理解しましょう。

暗号化されたデジタルな資産

冒頭にあげた通り、仮想通貨は暗号化されたデジタル資産です。

ポイントは「暗号化」です。

ココがポイント

暗号化という高度な技術を用いることによって、
デジタル上でも安全に価値の移転・移動ができる。

海外では「Cryptocurrency(クリプトカレンシー:暗号通貨)」と呼んだり、
日本でも界隈では「Crypto(クリプト:暗号)」と略されたりしています。

技術の話はかなり重要なのですが、
触れちゃうと初心者向けでなくなるので、
今回は割愛します。また別の機会に…。

国家によって価値が保証されていない資産

仮想通貨は、どこかの国が発行している通貨ではありません。

ココがポイント

  • 発行主体や中心的な管理者が存在しない。
  • 国家などによって価値が裏付けられていない。
  • デジタルデータに過ぎない。

日本円や米ドルなどの法定通貨と、ビットコインなどの仮想通貨は、
ある意味対極の存在です。

法定通貨は国が発行し価値を裏付ける「中央集権的」なもので、
仮想通貨は国が発行せず価値も裏付けていない「非中央集権的」なものです。

その証拠に、法定通貨を国や政府以外の人が発行する権利はありません。
やっちゃうとお縄です!

逆に仮想通貨は、誰でもオリジナルの仮想通貨を作り出せます。
だって誰にも縛られませんから。
※どうやって作るかはまた別のお話です。

仮想通貨は"通貨"じゃない?!

ビットコインをはじめとして、
仮想通貨は文字通り、通貨のイメージがとても強いです。
しかし実際のところ、通貨に限定されるわけではありません。

先ほども触れた通り、暗号化されたデジタル資産です。

なので基本的には「暗号資産」が正しい表現になります。
国も仮想通貨ではなく暗号資産を正式名称としています。

暗号資産(仮想通貨)は世界を変える仕組みそのもの

いかがでしたか?

技術的な面で少し難しく感じるところもあったかと思いますが、
暗号資産(仮想通貨)は、知れば知るほど
世の中を変えてくれそうな期待感を持たせてくれます。

特に日本にはあまりいいイメージを持たない人(特に中高年)が多いです。
それも一つの価値観ですが、
技術としてのすばらしさや活用の幅の広さなど、
これまで世の中に出てきたものの中でも、
非常に革命的なものであることは間違いないと思います。

WEBのパラダイムシフトを引き起こす

一昔前までは、情報がただ一方通行に発信されるWEB時代でした。

それが今やツイッターやフェイスブックなどのSNSにより、
世界中の様々な人たちが、発信しあえるWEB時代になりました。

一方でGoogleのようなGAFAと呼ばれる巨大IT企業が生まれ、
非常に便利になってきた反面、
WEB上での個人情報収集に対する世界の懸念が生まれ始めています。

暗号資産(仮想通貨)は、ここまで進化してきたWEBの世界を、
さらにワンランク上へレベルアップさせるだけの力があります。

それがどんな世界なのかはまた別の機会に触れたいと思います。

ぜひ皆さんも、これを機会に
暗号資産の世界へ足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

らる

IT企業ではたらくサラリーマン投資家。仕事や就職、投資、そして育児などをテーマに発信しています。はたらく妻もときどき投稿します! 【経歴】大学卒業後、IT企業でシステムエンジニアに ▶ 社会人5年目に人事部へ移動し、以降は人事畑で社内人事や採用などに携わる。

-暗号資産
-, ,