暗号資産

【わかりやすく解説】dAppsとは?初心者でもわかる!

わかりやすく解説シリーズ、今回はイーサリアムに関連して、
dAppsについて解説をしていきたいと思います。

といっても、そんなに複雑なものではありません。

dAppsとは

dAppsとは、”decentralized Applications”の略称で、
日本語だと分散型アプリケーションと言われます。

一般的にアプリケーションというと、
スマホなどで使うアプリがありますよね?
AndroidだとAndroidOS用でGooglePlayStore向けに
世界中様々な開発者が自由にアプリを作っています。

これが仮想通貨、イーサリアムの場合だと、
イーサリアムのユーザが利用できるように
イーサリアムブロックチェーン基盤上に
アプリケーションを構築する
ことになります。

分散化される仕組みを持つブロックチェーン上に構築するアプリなので、
分散型アプリケーション"dApps"
と呼ばれます。

ローンチ先が違うだけとも言えますね!

dAppsと通常のアプリとで見た目や使い勝手の違いは正直分からないです。

dAppsはオープンな存在

だいたいどのdAppsも、オープンソースで開発されています。
つまり、元の開発者以外の人物がコードの中身を確認することができたり、
まるまる利用して似たようなものを構築することができます。

コミュニティの誰もが自由に使い、修正や構築もできます。
このコミュニティは、自分たちで自分たちのコミュニティを運営します。
最初の開発者がすべてを決めて、そのあとも永久に統治権限を持つわけではありません。
コミュニティ内で投票を行って決めたり、提案したりします。

dAppsのセキュリティは大丈夫?

dAppsのセキュリティは通常のアプリと比べると、
仕組上は安全だと思います。

dAppsはブロックチェーン上で実行されます。
その実行結果、トランザクションはすべてブロックチェーンに分散して記録されます。
そのためハッキングなどが行われてもすぐバレます…。

「仕組上は安全」としたのには理由があって、
大金が動くことが多いdAppsであることと、
もともと高い技術力を持って作られているので、
ハッカーもレベルが高いということですね…。

ですので狙われる頻度でいえば、現状通常のアプリよりも狙われやすいとは思います。
とくにDeFi系dAppsは。

dAppsの開発言語は?

現状最もよく利用されているdAppsの開発言語は「Solidity」です。
これはスマートコントラクトを作成するためのオブジェクト指向プログラミング言語です。
特にイーサリアムでスマートコントラクトを実装するために使用されます。
実行環境としてはEVM(イーサリアム仮想マシン)で動作しています。

-補足- スマートコントラクトとは

ちょこちょこ本文に出てくるスマートコントラクト。
一番わかりやすく言うと、

そう、自動販売機です!

は?!って思う人、絶対いると思います。
といっても自販機そのものではなく、
自販機の仕組みがスマートコントラクトそのものということです。

以下は自販機の仕組みですが、

step
1
自販機の商品を決め、価格設定をする

step
2
お金を入れて選んだ商品のボタンを押す

step
3
商品が出てくる

これを汎化してみます。

step
1
契約内容を予め決める

step
2
トリガー、イベントの発生

step
3
所有権の移転など、契約が履行される

こんな感じになります。

このStep2と3を自動で実行します。
デジタルでスマートな契約、スマートコントラクトですね。

スマートコントラクトはブロックチェーン上で真価を発揮

スマートコントラクトはブロックチェーン上で実行され、
第三者が排除された状態で、事前に決まったルールに従い自動的に契約が履行されます。

ですので、以下のような強みがあります。

・対改ざん性
・第三者不在による透明性
・第三者不在によるコスト削減

・条件さえ満たせば必ずプログラムが実行される

まとめ

dAppsは要するにブロックチェーン上のアプリです。

中身はスマートコントラクトが実装され、
ブロックチェーンの強みを生かしたアプリとなっています。

特に金融分野での活用が進んでおり、
低コストで高速、いつでもだれでも使えるという
非常に大きな利点が活用の幅を広げています。

dAppsとは

  • ブロックチェーン上に構築される分散化されたアプリ
  • オープンソースでコードは公開されていることが多い
  • 多くはSolidityという開発言語で開発されている

  • この記事を書いた人

らる

IT企業ではたらくサラリーマン投資家。仕事や就職、投資、そして育児などをテーマに発信しています。はたらく妻もときどき投稿します! 【経歴】大学卒業後、IT企業でシステムエンジニアに ▶ 社会人5年目に人事部へ移動し、以降は人事畑で社内人事や採用などに携わる。

-暗号資産
-, , , ,