暗号資産

【わかりやすく解説】DeFiとは?初心者でもわかる!

わかりやすく解説シリーズ、今回はDeFiについての基本を解説します。

DeFi(分散型金融)とは

DeFiは分散型金融(Decentralized Finance)と呼ばれ、
もとはイーサリアム上ですべての人が利用できる金融商品やサービスを指しました。
現在ではイーサリアム以外でもDeFiが展開されてきています。

すべてのDeFiはブロックチェーン上にdAppsとしてデプロイされており、
スマートコントラクトにより処理されています。

そのため第三者がおらず、いつでもどこでもサービスが受けられます。

金融というと、個人情報を厳しくチェックされ、
信用がないとおカネを借りられない、などのイメージがあります。
15時には閉店し手数料が上がり…みたいな。
土日祝日年末年始は絶対営業しないマン!

DeFiではそのような不便な面や、
不透明な状況から脱却しており、
インターネットに接続している人であればだれでも
いつでも金融サービスを受けることができます。

DeFiが実現できること

今世の中にある大体の金融サービスは、
すべてDeFiで実現ができます。
さらには、新しい金融サービスすらも生み出すことができます。

分かりやすいものでその一部をご紹介しましょう。

世界中への送金

一番ベーシックでわかりやすいですね。
24時間365日いつでも送金ができます。

イーサリアムであれば現状数分程度で相手に着金します。

送金方法も簡単で、
送金先のアドレス(ウォレットアドレス)と送りたい通貨の金額を入力するだけです。
個人情報などの提供は不要です。

資金の借り入れ

こちらも個人情報や信用情報などの提供は不要です。

銀行から融資を受ける場合は信用調査や個人情報などを
厳しくチェックされますが、
DeFiでは不要です。

貸す側も借りる側も個人情報の提供は不要で、
借り手は担保を提供します。
消しては返済されなかった際に担保を自動で受け取ります。

これらもすべて自動で実行されるので、
「借りてるのに金利をもらう」
という謎減少が平気で起きます!

いかに銀行などからの借金が手数料まみれかよくわかります…。

トークン(仮想通貨)の交換

分散型取引所(Decentralized exchanges:DEX)というものがDeFiには存在します。
有名なのはUniSwap(ユニスワップ)ですね。

反対に現実には中央集権取引所(Centralized Exchange:CEX)が存在します。
日本だとコインチェックやGMOコインなどが該当します。
海外だとBinanceやFTXですね。

DEXがあることで、
いちいち現実の取引所に通貨を送って交換して…というてまがはっせいしないことと、
交換はスマートコントラクトで自動で実行されるため、
手数料も安いわけです。

まとめ


DeFiが世界中で急速に広まった背景には
いくつか特徴的な理由があります。

日本に住んでいると実感しづらいものでいうと、
海外では銀行口座さえ作ることができない人がたくさんいます。
母国に少額でも送金をしたい人がたくさんいます。

しかし現実には信用情報が必須だったりで口座を作れず、
少額すぎて手数料によって赤字による送金になりかねなかったりするわけです。

DeFiはそんな現代金融の欠点をほとんどすべて補えてしまっています。
そりゃ広まりますよね。

現在は世界中でDeFiの扱いや仮想通貨の扱いを
急ピッチで整備する動きが出始めています。
それもDeFiの急拡大が理由の一つにあります。

国からしたら自分たちの存在意義が…みたいなところがあるでしょうしね。

DeFi(分散型金融)とは

  • 現代金融システムに代わるグローバルでオープンな新たな金融システム。
  • 借用、貯蓄、投資、取引などが可能な製品群
  • オープンソースで誰でも構築することができる

  • この記事を書いた人

らる

IT企業ではたらくサラリーマン投資家。仕事や就職、投資、そして育児などをテーマに発信しています。はたらく妻もときどき投稿します! 【経歴】大学卒業後、IT企業でシステムエンジニアに ▶ 社会人5年目に人事部へ移動し、以降は人事畑で社内人事や採用などに携わる。

-暗号資産
-, , ,