子育て

体外受精について

こんにちは。まめです。

体外受精をすることに決めてから、
お医者さんに「体外受精を考えています」と伝えました。

私は体外受精は二度したのですが、
私の体験は省き、
私が通っている病院の体外受精の流れや説明を受けた妊娠率、金額についてまとめておきます。

体外受精の流れ

ポイント

  • 月経が来たら病院へ連絡。
  • 多数卵胞を育てるため連日注射と服薬をする。(9~11日間)
  • 採卵二日前の指定された時間に点鼻・前日に吐き気止め服用。
  • 一日かけて採卵&夫の精子持参。
  • 培養士さんが受精卵にする。

※1:精子ばらまき法・・・卵子に精子をふりかけて受精卵にする方法
   顕微授精・・・活きのいい精子を卵子に入れる方法
※2:胚盤胞という段階まで育っているもののみ凍結する。
  (凍結せず膣に戻す方法もありますが、今回は凍結の流れで書きました。)
※3:貼り薬は2日に一回、膣用座薬は12時間に一回入れるものと
   一日3回入れるもの二種類があり選べました。
   またこの薬を私は20日程度続けていました。

つまり、体外受精は卵子を育てて戻して妊娠しているか見るまでに、2か月程度かかります。

体外受精での年齢別妊娠率

体外受精での年齢別妊娠率 JSOG引用

同じものを病院からもらいました。
凍結胚盤胞の方が妊娠率が高いから、
凍結させて、胚盤胞という形になるまで育てて移植しましょうという話になりました。

体外受精の金額

私が通っている病院では、採卵にかかる費用は以下の通りです。

実施内容1回目2回目3回目
採卵130,000円117,000円105,000円
実施内容金額備考
培養料(必須)50,000円
顕微授精30,000円3個まで
50,000円5個まで
20,000円その後5個毎に
胚凍結(凍結の人は必須)30,000円3個まで
10,000円その後5個毎に
凍結胚管理40,000円2年目以降更新すると1年毎にかかる金額(10年まで凍結管理可能)
融解胚移植(凍結の人は必須)80,000円

職場の知り合いの都内の看護婦さんに聞く限りだと、
体外受精の都内相場は35万円前後程度らしいです。
(採卵から肺移植までの相場ではないかと思います。)

私の時は、上記の金額とは別に、
精子を遠心分離機にかけて活きのいいのを浮かび上がらせる方法を取ったり、
吐き気止めを追加で注射してもらったり、
胎児の心拍が確認できたら成功報酬がかかったりで
プラス14万くらいかかりました。

また、職場の知り合いの看護師さん曰く、
培養士さんの腕がいいとその分金額が上がるのだそうで、
病院の相場は人材の相場ということもあるそうです。

体外受精をするなら・・・(培養士さんこもれ話)

培養士さんから、体外受精の流れの説明や妊娠率、
金額の説明を受け、説明書を貰い、同意書に署名をしました。

その時に、培養士さんが話してくださったことをまとめておきます。

体外受精をするなら 病院の説明に疑問や不安、不満があったら、
すぐにお医者さんや看護師さん、培養士に話してください。

疑問のまま持ち帰らずにしっかり聞いてください。
どんなことでもいいです。

体外受精をしてもなかなか妊娠できないことがあると思います。
2,3回体外受精をして妊娠しなかったら、
病院を変えるといいと思います。(大きな声では言えませんが。)

病院によって技術が違うので、
ここの病院の技術が体質に合っていなかったということもあります。
病院を変えたらすぐに妊娠できたという人もいますし、
体外受精を繰り返すことは、精神的にも肉体的にも経済的にもきつくなってきます。

もし病院を変えようと思ったら、お医者さんに紹介状をお願いするといいです。
お医者さんから、「ここの病院おすすめだよ!」とは言いづらいですが、
患者さんから

「この辺りの病院でどこがいいのか分からなくて・・・教えていただけますか?」

と聞かれたら、

「じゃあ紹介状書きますよ」

とおすすめの病院を書くことができますから。

肉体的精神的経済的にも参ってしまうと思います。
日々の生活はわがままでいいですからね。

病院を変えるというのは、いろいろと条件があると思います。
体外受精ができる病院が通える距離で選べるほどあるとか、
同じ手順を踏んだ体外受精を繰り返しているとか。

なので、一概に病院を変えれば解決することではないと思いますが、
条件がそろうなら、そういう手もあるというお話を頂きました。
(体外受精を繰り返す内に課題が見えてきたり、可能性のある検査を受けたり、進展することもあります。)

もし、どなたかの参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人

まめ

現在1児の母。日々育児に奮闘中。▶大学卒業後、小学校の教員として働く。子供が生まれてからも、最前線で頑張っています!

-子育て
-, , ,