子育て

体外受精から産科受診・胎児の様子の変化

体外受精をすると、自然妊娠とは違い、
早い段階で自分の妊娠を知ることができます。

また、自分が何日頃に受精をしたかということが、
融解胚移植日から逆算して出されるようで、
お医者さんに聞かないと、「今、お腹の子は何週目なのか」がわかりません。

今回は婦人科で体外受精を受けて、産科受診するまでの流れを体験を含め、書きます。

体外受精から産科受診までの進捗

私の場合は以下のような日取りで妊娠の状態が進み、週数が発覚しました。

日付やること週数
10/31胚移植
11/7妊娠判明
11/14妊娠継続・膣内エコー
11/21妊娠判断・膣内エコー5週5日
12/5細胞診検査・膣内エコー・母子手帳取得可能に7週5日
12/18細胞診結果・膣内エコー・妊婦検診①9週4日
1/4妊婦検診②・腹部エコー12週0日
2/6妊婦検診③・腹部エコー16週5日

妊娠が確実となってから、
融解胚移植日から計算して週数が判明しました。
母子手帳を貰う時期は病院によって違うようです。

母子手帳を貰ってから産科受診して、
体重を記録していく流れです。

胎児がある程度大きくなることで、
膣内エコー検査から、
腹部エコーに切り替わっていました。

週数別エコー検査での胎児の様子

週数によって胎児の様子や
エコーで測っている部分が変化していたので、
妊娠中期までの様子を記録しておきます。

週数胎児の様子確認すること
4週5日胎嚢胎嚢の全長計測
5週5日胎嚢胎嚢の全長計測・心拍確認
7週5日胎児(二頭身)胎児の全長計測・心拍確認
9週4日胎児(手足が見え、ぶりぶり動く)胎児の全長計測・心拍確認
12週0日胎児(首ができ、背骨が見え、三頭身程に)胎児の全長計測・頭輪切りの長さ計測
心拍確認
16週5日胎児(指の骨が見え、顔の形がはっきりと)胎児の全長計測・頭輪切りの長さ計測
心拍確認・腿の骨計測
胎盤とへその緒の血流確認

徐々に胎児の様子をチェックする項目が増えていきますね。
まだ妊娠中期までの様子ですが、
これから先のことはまたブログにあげていきます。

  • この記事を書いた人

まめ

現在1児の母。日々育児に奮闘中。▶大学卒業後、小学校の教員として働く。子供が生まれてからも、最前線で頑張っています!

-子育て
-, ,